Left:
   Clapton

 Right:
   Norah Jones

Rock with U.

60年代からのRock・Popsを中心とした洋楽の不朽の名曲、名作を回顧録とともに綴ります。同時にYouTubeでアルバムから1曲紹介。コメントも気軽にくださいな♪

このページ内の記事タイトルリスト

div class="navi">

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Abacab / Genesis

1. Abacab
2. No Reply at All
3. Me and Sarah Jane
4. Keep It Dark
5. Dodo/Lurker
6. Who Dunnit?
7. Man on the Corner
8. Like It or Not
9. Another Record



(1981)
※動画紹介




70年代からジェネシスを追いかけてきたファン(自分も含め)にとってこの「Abacab」ってアルバムはすごく”びみょ~”な作品だと思います。

奇抜なパフォーマンスで人気のあったピーター・ガブリエルが1975年に脱退。
その後、フィル・コリンズがヴォーカルを担当、リーダー格となり、ポップな路線へ変遷を遂げて商業的に大成功するまでの過渡期のアルバムだからです。

このバンドを時系列で縦の軸で捉えると確かに昔のプログレ色は徐々に影を潜め、ポップス色が強くなっているのですが、断面的に捉えればよくまとまった傑作だと思います。

○○のバンドのギタリスト□□□が脱退して△△△に加入したから次の音はどうなるんだ?、と友人の間で話したり、新しい音に一喜一憂してた頃が懐かしいですね。

「インヴィジブル・タッチ」のバカ売れで去ったファンも多いだろうしこれを機会にファンになった人も数多くいる・・・ 振り返ると面白いです、音楽って。

さて、動画は個人的にはイントロが気に入ってるタイトル曲。
それにしてもすごい観客数・・・。


動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking





↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Rocks / Aerosmith

1. Back in the Saddle
2. Last Child
3. Rats in the Cellar
4. Combination
5. Sick as a Dog
6. Nobody's Fault
7. Get the Lead Out
8. Lick and a Promise
9. Home Tonight


(1976)
※動画紹介





1973年のデビューから35年以上の年月が経つ今も、第一線で活躍するバンド、エアロスミス。

もちろん、その長いキャリアの間にはドラッグ、メンバーの脱退等々の紆余曲折はありましたがスティーブン・タイラーのヴォーカルもジョー・ペリーのギターも錆びついちゃいない。

ロックのスタイルを貫ぬく。それだけでもう感服ですね。

さて、「Rocks」は彼らの4作目にあたり、このスマッシュヒットによりスターダムにのしがることとなりました。

自分にとっても初めて手に入れたアルバムで思い出深い1枚です。

針を下した瞬間に聞こえる「Back in the Saddle」のインパクトのあるイントロで、しびれちゃったことを思い出します。

ストーンズと同様、イケルところまでいってほしいバンドですね。


動画は、「Walk This Way」、「 Dream On」、 「 Back in the Saddle」 のお得な3点セット。^^
2003年のライブの模様です。いやぁ、元気です。


動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking




↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Simple Dreams / Linda Ronstadt

1. It's So Easy
2. Carmelita
3. Simple Man, Simple Dream
4. Sorrow Lives Here
5. I Never Will Marry
6. Blue Bayou
7. Poor, Poor Pitiful Me
8. Maybe I'm Right
9. Tumbling Dice
10. Old Paint

(1977)
※動画紹介




77年に発表し全米NO.1にもなった彼女の名作。

リンダ・ロンシュタット。70年代のウエストコーストのC&W、ロック界でもひと際目立った存在でした。

声量もあって艶やかな声質。さらに可愛い、となれば人気が出ないわけがない。

自分が聴いていたころは10代の思春期で綺麗なお姉さん、って感じだったかな。


まだ無名だったJ.D.サウザー、カーラ・ボノフの曲を取り上げてヒットさせたこと、バックバンドがイーグルスとして独立したことも有名ですよね。

動画は、ノリがよくてパンチのある歌声が聴ける大ヒット曲、「It's So Easy」。


しっとりとした「Blue Bayou 」と悩んだけど、それはまた今度・・・。


動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking




↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
Category

最近の記事
プロフィール

jet

Author:jet

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Rock!Rock!Rock!

iTunes

 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。