Left:
   Clapton

 Right:
   Norah Jones

Rock with U.

60年代からのRock・Popsを中心とした洋楽の不朽の名曲、名作を回顧録とともに綴ります。同時にYouTubeでアルバムから1曲紹介。コメントも気軽にくださいな♪

このページ内の記事タイトルリスト

div class="navi">

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Bloody Tourists / 10cc

1. Dreadlock Holiday
2. For You and I
3. Take These Chains
4. Shock on the Tube (Don't Want Love)
5. Last Night
6. Anonymous Alcoholic
7. Reds in My Bed
8. Lifeline
9. Tokyo
10. Old Mister Time
11. From Rochdale to Ocho Rios
12. Everything You Wanted to Know About!!!
13. Nothing Can Move Me [*]

(1978)
※動画紹介



1978年に発表された7枚目のアルバム。

10ccのサウンドの特徴である繊細でひねりの効いた音へのこだわり、シニカルな歌詞が今でも大好き。

英国らしい癖のあるバンドですね。思えば、米国のストレートなロックよりも好んで聴いていたかもしれません。

このアルバムはゴドリー&クリームが脱退してエリックとグレアムの二人を中心に活動ようにになってからの「Deceptive Bends 」に続く作品ですが、これ以後は残念ながらセールス的にも下降線をたどり精彩を欠いてしまします。

個人的にはオリジナルメンバー4人の頃の凝ったサウンドの方が好みかな。
アルバムでいえば、
「オリジナル・サウンドトラック」-The Original Soundtrack」、「びっくり電話-How Dare You!」の2枚。

さて、動画は彼らの”音の引き出し”の多いことがわかるレゲエ調の1曲。PVも彼ららしくウイットが利いています。



動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking




↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
スポンサーサイト
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Stuff / Stuff

1. Foots
2. My Sweetness
3. (Do You) Want Some off This
4. Looking for the Juice
5. Reflections of Divine Love
6. How Long Will It Last?
7. Sun Song
8. Happy Farms
9. Dixie/Up on the Roof





(1976)
※動画紹介


やっと画像とサウンドの揃った動画を見つけることができました。

前から取り上げたくてずっと探してた「Stuff」。

中高生の頃、インストゥルメンタルの中では一番よく聞いてたお気に入りかもしれないです。

オリジナルのメンバーは、

リチャード・ティー(key)
エリック・ゲイル(g)
コーネル・デュプリー(g)
ゴードン・エドワーズ(b)
クリス・パーカー(ds)
スティーブ・ガッド(ds)

という今から思えば豪華なプレイヤーたち。

もともとスタジオミュージシャンの彼らが軽いノリ?のように組んだグループですが、この6人のバランス、息の合い方とか最高です。

ツインドラム、ツインギターという珍しい構成から奏でられるグルーヴ感のあるR&B、ご存知ない方はぜひ聴いてみてください。

動画は、曲の最後が切れるものの今まで見た中では高品質です。

メンバーもクリス・パーカー以外が揃っているなんて珍しいですよ。

いつも淡々と演奏する彼らがカッコイイです。GOOD



動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking




↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

In the Court of the Crimson King / King Crimson

1. 21st Century Schizoid Man/Mirrors
2. I Talk to the Wind
3. Epitaph/March for No Reason/Tomorrow and Tomorrow
4. Moonchild/The Dream/The Illusion
5. Court of the Crimson King/The Return of the Fire Witch/The Dance of the The Puppets






(1969)
※動画紹介



1969年の発表から40年。

ビートルズのアビー・ロードを1位から引きずり降ろした(通説らしい)と言われるキング・クリムゾンのデビュー作。

これぞ「不朽の名作」と言っていいでしょう。

クオリティの高さと独創的な方向性については当時、音楽界に衝撃を与えました。


ジャケットのデザインもこれ以上にインパクトの強いモノを見たことがないし、1曲目の"21st Century Schizoid Man"から鳥肌モノ・・・マジでビビりましたビックリ

リアルタイムには聴いてないですが自分の音楽の嗜好を変えたとても貴重な作品です。


動画は1999年頃の再々結成?の頃のライブでしょうか・・・。


動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking






↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Don't Look Back / Boston

1. Don't Look Back
2. The Journey
3. It's Easy
4. A Man I'll Never Be
5. Feelin' Satisfied
6. Party
7. Used To Bad News
8. Don't Be Afraid





(1978)
※動画紹介



トム・ショルツのワンマンバンド、ボストン。

ワンマンバンドは数あれど、このバンドは半端じゃありません。

トム・ショルツがヴォーカル以外の楽器をすべて演奏し、ライブのために集められたメンバーがその音を真似る。という体裁だけのバンドだったのです。

それだけトム・ショルツの作り上げた音のクオリティが高かったということですね。

この人、マサチューセッツ工科大学出身のエリートで自分で楽器まで作っちゃったそうです。


さて、そのアルバムですが非常にポップで親しみやすいメロディーが受けて全米1位を獲得、800万枚を売り上げました。

自分としては、のめり込むほど聴きはしなかったです。わかりやすいメロディーである反面、一度聞くと覚えてしまうメロディ・・・ 飽きちゃうんですよね。汗5

最初はなんてことなくて、聴くほどに味が出てくるスルメのような作品が好きですね、やっぱり。

年に一度ぐらい聴くといいなぁ~と思います。拍手 パチパチ

動画を見る前に・・・

ランキングアップにご協力くださ~い⇒FC2 Blog Ranking





↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
Category

最近の記事
プロフィール

jet

Author:jet

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Rock!Rock!Rock!

iTunes

 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。