Left:
   Clapton

 Right:
   Norah Jones

Rock with U.

60年代からのRock・Popsを中心とした洋楽の不朽の名曲、名作を回顧録とともに綴ります。同時にYouTubeでアルバムから1曲紹介。コメントも気軽にくださいな♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Rickie Lee Jones / Rickie Lee Jones

1. Chuck E's In Love
2. On Saturday Afternoons In 1963
3. Night Train
4. Young Blood
5. Easy Money
6. The Last Chance Texaco
7. Danny's All-Star Joint
8. Coolsville
9. Weasel And The White Boys Cool
10. Company
11. After Hours
(1979)

※動画紹介




今まで、数々のアーチストを取り上げてきましたが、何かお気付きでしょうか?
勘のいい方はわかるかもわかりません。それは、女性アーチストがいなかった、といいうことです。

それはチョットサビシイ、ということで、女性第一弾。リッキー・リー・ジョーンズ。

酒、ドラッグに麻薬に溺れるなど、荒れた生活を送った後、リトル・フィートのローウェル・ジョージに見い出されてデビューした彼女。
あの飲んだくれアーチスト、トム・ウェイツとの同棲でも有名です。

このデビューアルバム(浪漫)は、全米3位の大ヒットとなりグラミー賞の最優秀新人賞を受賞しました。
フォーク、ジャズ、ブルースなどが上手く調和した音楽性と彼女の特徴である独特の気だるいボーカルがMIXされてとてもよい仕上がりになっています。

なお、バックは、スティーブ・ガッド、マイケル・マクドナルド、ジェフ・ポーカロなどの西海岸の超一流ミュージシャンがサポートしています。

癒し系ということで、ノラ・ジョーンズと比較されることがありますが、そんな優等生ではありません。
どちらかというと、彼女のちょっとスレた雰囲気の方が好みです。

10曲目のCompanyも素敵ですが、大ヒットとなった、Chuck E's In Love(恋するチャック)を動画でどうぞ。



スポンサーサイト

↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://jet119.blog82.fc2.com/tb.php/28-b05d4ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
Category

最近の記事
プロフィール

jet

Author:jet

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Rock!Rock!Rock!

iTunes

 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。