Left:
   Clapton

 Right:
   Norah Jones

Rock with U.

60年代からのRock・Popsを中心とした洋楽の不朽の名曲、名作を回顧録とともに綴ります。同時にYouTubeでアルバムから1曲紹介。コメントも気軽にくださいな♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

Double Vision / Foreigner

1. Hot Blooded
2. Blue Morning, Blue Day
3. You're All I Am
4. Back Where You Belong
5. Love Has Taken Its Toll
6. Double Vision
7. Tramontane (Instrumental)
8. I Have Waited So Long
9. Lonely Children
10. Spellbinder
11. Hot Blooded (Live) (Bonus Track)
12. Love Maker (Live) (Bonus Track)
(1978)
※動画紹介





元スプーキー・トゥースのミック・ジョーンズ、元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルド、元ブラック・シープのルー・グラムをはじめ英米3人ずつ6人の名うてのミュージシャンで結成されたスーパー・グループ、フォリナー。
これは彼らの2作目にあたります。

バラードの名曲「ガール・ライク・ユー」を含む、彼らの最もヒットした作品「4」もすばらしい出来なのですが、私は彼らのバラードよりもソリッドでストレートな楽曲が好き、という単純な理由でまずこのアルバムを取り上げました。
あまのじゃくなんですね、きっと。

ところで・・・
皆さんは『産業ロック』という言葉をご存知でしょうか。
70年代の後半にある音楽評論家が言って広まった言葉なのだが、レーベル、プロモータ等々が営利を優先し、売れる音楽を優先して世に送り出したミュージシャンのロックを指しています。
簡単に言うと売れ筋を狙ったロックといえばいいのでしょうか。
なぜこの話をするかというと、紹介したジャーニー、フォリナーがその代表格とされているからです。

さて、これってどうなのでしょう。
レーベル、プロモータが営利を追求するのは企業ですから当たり前のことですよね?
それはいつの時代も同じで、ミュージシャンが目指す方向と一致せずグループを脱退するなんてよくあることですから。

言いたいのは、そんな陳腐な言葉で分類して欲しくない、ってことです。
音楽なんて演奏が下手であろうが何語で歌おうが聞き手が好きであれば何も言うことないと思うんですよね。だから変な先入観を与えないで欲しい(欲しかった)のです。
最初に言った評論家が上に書いた意図を持っていたかどうかも定かではありませんが・・・

とにかく、私はジャーニーやフォリナーが好きです。ただそれだけなんですね。


ぐだぐだと書いちゃいました。お許しを。
じゃ、先入観なく聞いてみてください。






スポンサーサイト

↓"ぽちっ。"と応援お願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://jet119.blog82.fc2.com/tb.php/32-9e8d3d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
Category

最近の記事
プロフィール

jet

Author:jet

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Rock!Rock!Rock!

iTunes

 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)


 iTunes Music Store(Japan)

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。